地図つき観光解説!バルセロナのファッションエリア、ボルン地区ってどんなとこ?

バルセロナ市内のエリア紹介第2弾、ボルン地区(El Born)。ここはゴシック地区と引き続き、中世の雰囲気が残っているいい感じエリアです。それもそのはず、ゴシック地区のすぐ東側にあるからなんです。では、早速地図を見ていきましょう。

Area-Born-Barcelona

上の地図の赤線で囲まれたところが、ボルン地区です。大通りのライエターナ通り(Via Laietana)と市内の大きな公園シウタデッジャ公園(Parc de la Ciutadella)に囲まれています。ゴシック地区と似ている雰囲気のボルン地区。何が異なり何が似ているのでしょうか?

 

1.ファッションエリア

バルセロナでも随一のおしゃれエリアで、小さな個人店やまだ有名になっていないブランドショップなどが数多くあります。スペインで有名な革製品やエスパドリーユ(スペイン語ではアルパルガタス)のお店もあり、皆が知らないお気に入りのものを見つけられる可能性大です!

2.より地元感

左隣にあるゴシック地区と比べて、ボルン地区は地元感のあるエリアです。私もゴシック地区に住んでいる人は聞いたことありませんが、ボルン地区に住んでいる友人は複数います。ですので、よりローカルなカフェやレストランを見つけることもできますし、また値段もゴシック地区よりかは幾分安いと思います。夜になるとさらにローカル感は増し、バルセロナの人たちの楽しみ方に触れることができると思いますよ。

3.アクセスが良い
ゴシック地区同様、ボルン地区はアクセスが非常にいいです。4つの駅、
  • プラサ・カタルーニャ(Plaza Cataluña)
  • ウルキナオナ(Urquinaona)
  • ジャウメ(Jaume)
  • アルクデトリンフ(Arc de Triomf)
から行くことができます。ゴシック地区と併せて見たい場合は、プラサカタルーニャかリセウ駅で降りて、ゴシック地区→ボルン地区と見るのが効率的でしょう。ボルン地区→ゴシック地区と見たい場合は、少し歩きますが、アルクデトリンフ駅で降り、シウタデジャ公園を散策後にボルン地区に向かうのがおすすめです!
4.見ておきたい観光地

  • カタルーニャ音楽堂
  • サンタ・カテリーナ市場
  • サンタ・マリア・デル・マル教会
  • ボルン通り(パセイ・デ・ボルン)
  • ピカソ美術館
詳しい解説やゴシック地区と併せたルート解説は現在作成中です!少々お待ちを!
ボルン地区もゴシック地区同様、スリや置き引きが多い地区となっております。人通りの少ない細くて暗い道はなるべく避けて歩いてください。特に日が暮れたあとは気をつけましょう。

コメント