地図つき観光解説。おすすめタパス通りのあるポブレ・セック地区

バルセロナ市内のエリア紹介第6弾はポブレ・セック地区。この地区はラバル,サン・アントニ地区の南に位置し,西にはプラサ・デ・エスパニャ,東にはビーチがあります。バルセロナの中心プラサ・カタルーニャからは距離があるので,短期間の旅行ではあまり訪れる機会の少ないエリアかもしれません。しかし,ポブレ・セック地区は,住宅街でありながらタパスバルが多く,美味しいタパスを食べたい方は見逃せません!地元の人もタパスを食べにここまで行くくらいですよ!

Poble-sec

1.タパス通り

ポブレ・セック地区といえば,なによりもまずタパスバルが多いことが特徴でしょう。一度の飲み会でいろいろなバルを渡り歩くバル・ホッピングの文化はバルセロナにそれほど根付いていませんが,観光で来た際にはたくさんのバルに入ってみたいですよね。ポブレ・セック地区には,美味しいタパス・ピンチョス(薄切りフランスパンの上におかずがのってる一品。)を食べさせてくれるバルがたくさんありますので,ぶらぶら歩きながら飲み歩くのにおすすめの場所です。

2.見ておきたい観光地

。。。なし!

ポブレ・セック地区の特徴は,地区内に有名な観光スポットがないところなんです。ですので,観光化されていないことから他のエリアでは見られないバルセロナが見れると思います。観光客は少ないため,地元民が集うバルやカフェが多く,比較的安い値段で美味しいタパスが食べられます。

3.少し離れたところには

観光スポットはポブレ・セック地区内にはありませんが,少し離れたところに,

  • モンジュイック:バルセロナにある標高180mほどの丘。歴史的に街を守るための要所として利用されており,中には紀元前の遺跡や城,公園がある。
  • プラサ・デ・エスパニャ:バルセロナで大きいプラサ(広場)の一つ。近くには闘牛場をリノベーションしたショッピングセンターもある。

があり,これらに寄った後にポブレ・セック地区に向かうのもいいですね!

4.アクセス
  • メトロL2,L3のParal·lel(パラレル)駅
  • メトロL3のPobre sec(ポブレ・セック)駅
  • メトロL1,L3,L8とフェロカリル(電車)のPlaza de Espa(プラサ・デ・エスパニャ)駅

 

有名な観光地以外にローカル感を味わいたい人におすすめの地区です。少し遠くても美味しいタパスが食べた人にも!

 

コメント