バルセロナ観光のおすすめルート〜初バルセロナ向け〜

beginner おすすめルート

3日目 グエル公園〜海沿い散策

  • 10時ごろにホテルを出発。ホテルからメトロに乗り、レセップス駅で降りましょう。レセップス駅からグエル公園までは徒歩で約20分です。
  • 11:00〜:3日目はグエル公園からスタート。グエル公園は有料部分と無料部分に分かれており、有料部分に入りたい方はネットでチケット購入必須です。チケットは時間指定制ですので早めの購入がベストです。
  • グエル公園から一気に海までバスで行きましょう!お昼を食べるチリンギート・エスクリバまでは,92番バスで35分+徒歩10分です。
  • 13:30〜:お昼ご飯はチリンギート・エスクリバで!これまでいろんなところでパエリアを食べて来ましたが、ここのパエリアが一番美味しいです。エスクリバは、デザートで有名。そのエスクリバが海沿いに出したレストランがここ、チリンギート・エスクリバ。これまでは文句なしに紹介できたお店なのですが、なんと2018年9月に渋谷にアジア一号店がオープン。ちょっと特別感が薄れてしまいましたが、それでもここを紹介したいです!お店の中の雰囲気もよく,スタッフの方のサービスも良い。
  • 15:30〜:海沿いを散歩しながら,バルセロネータ地区を散策。
  • 17:00〜:歩き疲れたらバルセロナ歴史博物館の最上階にあるルーフトップバーで休憩はいかがでしょう?ここはSagardiというレストランチェーンが運営しているルーフトップバーで、室内にはレストランもあります。屋上からはバルセロネータの港部分からモンジュイック、そして市内と一望でき、景色も最高。カクテル等は10€ほどと値段は張りますが,メニューに載っていない生ビールは3€以下と普通のバルで飲むのと変わらない値段。ソファ席もあって、景色を見ながらリラックスできますよ。
  • 19:00〜:夕飯はポブレ・セック地区でバルホッピング!バルセロネータからポブレセックまではバスD20で約20分です。ポブレ・セック地区は地元民がよく集まるタパス通りがあり、このバルでこれを食べて、次は別のバルでこれを食べると言うように、バルのはしごができちゃう地区です。あまりバルセロナではバルホッピングの文化がないのですが、せっかくの旅行なのでいろいろなバルを試してみたいですよね。そんな時にここは最適の地区です。

4日目 旧市街散策

3日目は夜遅めまでバルホッピングを楽しんだので、4日目は少し遅めのスタート。

  • 11:00〜:4日目の午前中はボルン地区の散策からスタート。ホテルからプラサ・カタルーニャまで電車で行き、徒歩ですぐボルン地区に入れます。ボルン地区はゴシック地区同様、バルセロナの旧市街の一部ですがゴシック地区より地元感が残っています。また近年ファッションエリアとしても注目されており、ブランドものよりは小さな個人店が多いです。ぶらぶら歩きながらのウインドウショッピングが楽しいですよ!詳しくはこちらの記事を。
  • 13:30〜:お昼ご飯は、サンタカテリーナ市場で新鮮な魚介類を食べましょう!
  • 15:00〜:たっぷりご飯を食べたあとは、ボルン地区の西側にあるゴシック地区を散策しましょう。ゴシック地区は中世の雰囲気が残るバルセロナの旧市街で、バルセロナ市内でもっとも古い地区の1つです。街自体が観光地と言えるので、地図を見るのをやめて,あてもなく街をぶらぶらするのがおすすめ。エスパドリーユを買いたい方は、この地区にあるToni Ponsをチェックしましょう。
この地区はスリや置き引きが多い地区でもあるので、防犯対策は忘れずに!バルセロナで頻発する犯罪の傾向とその対策はこの記事にまとめてますので事前にチェックを。
  • 夕食

5日目 最終日はガウディ建築で〆る!

さて、早くも最終日です。だいたいホテルのチェックアウトは11時ですので、それまでにスーツケースのパッキングを済ませましょう。チェックアウト後も荷物を預かってくれるホテルが多いので、フロントに依頼しましょう。(ホテルのスタッフに事前に確認しておくと安心。)フライト出発の2時間前には空港に着いていたいところ。空港まではアエロバスで35分なので、フライトの2時間半前にプラサ・カタルーニャを目安に計画を立てましょう。

  • 最後に見たいガウディ建築を1つ見学(カサ・ミラかカサ・バトリョ)。どちらも1時間ほどで見学できます。
カサ・ミラもカサ・バトリョもネットでチケットを購入すると安くなるので,ネットで購入するのがおすすめ!購入方法はこちら(カサ・ミラカサ・バトリョ)をチェック!
  • アエロバスで空港に向かう(所要時間約35分)
  • フライト出発の2時間前に空港到着

 

 

コメント