バルセロナに来たら絶対に食べて欲しいおすすめメニューまとめ!

Paella 観光地を詳しく紹介
スポンサーリンク

前菜・おつまみ

レストランの前菜に、またバルでビールやワイン・ベルムーのおつまみとしてはこれがおすすめ!

バンデリージャ:Bandelilla

バンデリージャとは串を使った料理の一品の総称。一般にバンデリージャと言えば写真のようにピクルス・アンチョビ・オリーブを串に指した料理を言います。
Bandelilla

パタタス・ブラバス:Patatas Bravas

ぜひ複数のお店で食べ比べして欲しい一品。お店によって、味が全く違うのが面白い。よくあるのは、ポテトフライの上にトマトベースのソースとアリオリソース(にんにくマヨネーズ)をかけたもの。とっても簡単な一品なのに、とっても美味しい。ビールが進みます!
Patatas-bravas

たこのガリシア風:Pulpo de Galicia(プルポ・デ・ガリシア)

スペイン西部の都市、ガリシアで有名なタパス。ガリシアは太平洋に面しており、美味しい魚介類で有名です。バルセロナとガリシアはスペインの東西の端と端ですが、バルセロナでも人気の一品。ほくほくのじゃがいもの上に噛みごたえがあるタコが、絶妙にマッチ。
Pulpo-Gallega

イカのフリット:Chipirones(チピロネス)

イカのフリット。素朴な料理ですが、オリーブオイルで揚げているため脂っこくなく、塩とレモンで美味。これが美味しいお店は、他の揚げ物もチャレンジすると良いかも?
Chipirones

メイン

ソーセージ:Butifarra(ブティファラ)

カタルーニャで有名なソーセージ。白ブティファラや、豚の血を使った黒ブティファラもあります。写真は白ブティファラ。付け合わせは、白いんげん豆をにんにくで炒めたものが定番。
Butifarra

ご飯もの

スペインは意外と米どころで、たくさんの種類の米が作られており様々な米料理があります。

イカ墨ご飯:Arros Negro(アロス・ネグロ)

イカ墨の見た目から避ける方もいるかと思いますが、ぜひ試してみて欲しい一品。くどさは全くなく、さっぱりとしつつもコクがあり最高ですよ!アリオリソース(にんにくマヨ)を別注文で頼むのもおすすめ。

Arros-Negro

パエリア:Paella(パエジャ)

パエジャはバレンシアが起源の食べ物で、オリジナルは日本でイメージされている魚介のパエジャではなく、うさぎの肉を使った肉のパエジャ。ただし、バルセロナでは魚介のパエジャが多く見られます。
Paella
こんなバージョンも。店によって種類が違います。
Paella2

デザート

チュロス:Churros

スペイン起源のチュロス!寒い日はホットチョコレートにディップして食べるのもおすすめ!
Churros

クリームブリュレ:Crema Catalana(クレマ・カタラナ)

クリームブリュレの上側をバーナーであぶっているため、カリカリになっているのがクレマ・カタラナの特徴。日本で食べるクリームブリュレより甘さ控えめでバニラビーンズ多めな気がします。
Crema-Catalana

カッテージチーズ:Mató(マト)

カタルーニャで定番のデザートの一つ、マト。カッテージチーズのような癖のないポロポロしたチーズの上に、はちみつをかけて食べます。たんぱくなチーズをほんのりとした甘さのはちみつが引き立てます。

 

 

コメント